リンク

トップページ > 取扱商品一覧 > イノスグループ > デジタルフレーム構造
取扱商品 イノスグループ

地震や台風に強く、建てた時の性能が長期にわたって続く快適な住まいであること。
そのためにイノスグループでは、先進のテクノロジーと豊富な実績を背景に、オリジナル「デジタルフレーム構法」を開発。
安心で安全な家づくりに取り組んでいます。

イノスグループオリジナル「デジタルフレーム構法」

デジタルフレーム構法とは、コンピュータによる設計・製図システム「CAD」のデータを基に構造計算を行い、主要構造材に、プレカットした高性能木材「PFウッド」を用いる構法です。すぐれた強度と品質が長期にわたって持続する安心の躯体が実現します。



コンピュータシステムで、安心を確保


X-CAD
正確な設計図を作製し、高精度な積算を実施。

X-CADは、イノスグループのコンピュータを使った設計・製図システムです。
正確な図面の作成を可能にするとともに、躯体が充分な強度を有しているかを確認するために必要な構造計算までを厳格に実施。
さらに、最適な部材を間違いなく選定し、緻密な積算も実施します。

※柱の一本一本にかかる地震力を計算し、
 引抜きチェックなどを実施しています。

構造カルテ
安心の証明書「構造カルテ」を発行。
X-CADで製図した図面をもとに、一邸一邸厳格な耐震チェックを実施します。 耐震・耐風性の重要なポイントとなる5項目のすべてに合格した「イノスの家」には、 安心の証明書として「構造カルテ」を発行しています。

構造カルテ5項目のチェック
1.壁量チェック/ 地震の力に効果的に抵抗する耐力壁の量は充分か。
 
「イノスの家」は、建築基準法を大幅に上回る耐力壁量を確保。

2.偏心率チェック/ 耐力壁の配置バランス(偏心率)は適切か。
 
建築基準法が定める偏心率を超える、独自の基準を設定。

3.梁せいチェック/ 折れたり、大きくたわまない梁が配置されているか。
 
構造計算で求められた梁せり(梁の太さ)以上の梁を配置。

4.柱の座屈、土台・梁へのめり込みチェック/ 充分な強さの柱・土台・梁が配置されているか。
 
座屈しない強さの柱、柱がめり込まない強度の土台・梁を配置。

5.柱の引抜きチェック/ 柱と土台、梁が充分な強度の金物で緊結されているか。
 
柱に発生し得る引抜き力に対し、余裕の強さを持つ金物を配置。


基礎断面設計
地盤支持力やプラン応じた基礎断面設計。
イノスグループでは、建物を長期にわたって支える地盤の強度を事前に測定し、プランを考慮したうえで、地盤の強度に合わせた基礎を設計。万一の場合を考慮して、建物の重量やプランに応じた基礎断面にすることで、不同沈下などを防止します。たとえば布基礎では、基礎のフーチン幅を広げたり、防湿基礎なら基礎底盤の鉄筋量を調整するなど、入念な対策を実施。安心をさらに確かにしています。