リンク

トップページ > 取扱商品一覧 > イノスグループ > デジタルフレーム構造
取扱商品 イノスグループ

CADによる構造計算、構造カルテ、PFウッドに加え、きめ細やかなテクノロジーで、さらに安心を強化。
耐久性や断熱性をはじめ、健康性能にまで入念な配慮を施しています。



独自のテクノロジーが、安心を永く支えます

断熱性能
すぐれた断熱性能で、夏涼しく、冬あたたか。

外気に接する床や壁、天井からの熱の逃げが、エネルギーロスにつながります。 そのため、1階床から壁、1階・屋根直下の天井まで、すぐれた性能の断熱材で、住まいをすっぽりと包みました。
夏涼しく、冬あたたかな住まいを実現しています。

耐久性
独自の外通気工法で耐久性が大きく向上。
壁体内の結露は、構造材の腐れや断熱材の性能を低下させる大きな原因。 そこで「ティーエクセレント」では外通気工法を採用し、壁体内結露を防止しています。外気を、壁体内を通して軒天換気口や小屋裏の棟換気口から排出。 これにより構造材や断熱材が常に乾燥した状態に保たれ、すぐれた耐久性や断熱性が永く持続します。


基礎パッキン工法で、床下の湿気も防止
床下のたまりがちな湿気も、構造材を腐らせる要因となります。 「イノスの家」では、床下の換気を促進するため基礎パッキン工法を採用。 床下の湿気を屋外へスムーズに逃がし、土台の腐朽を防止します。 また、基礎自体に換気口を設けずにすむ構造であるため、基礎の強度を損うことがありません。

耐震強化
公庫基準をクリアする強さの金物を採用。

部材を強固に緊結するため、耐震・耐風金物等は約2300点も使用。
その他の金物類を合わせると約30000点にもおよび、躯体をしっかりと強化しています。 また土台と柱や、柱と桁は、要所要所をホールダウン金物で緊結するなど、躯体の剛性を一段と高めています。
延床面積約40坪の「イノスの家」で算出。